Kids@RAG
子供ともっと楽しむWebマガジン
menusearch
リトミックでごっこ遊び!子供のための楽しい音楽教育

リトミックでごっこ遊び!子供のための楽しい音楽教育

子どもが大好きなごっこ遊び。

何気ない遊びの1つですが、実は子どもの発達にとても大きな役割を果たす遊びですよね!

リトミックでできる「ごっこ遊び」のご提案をいたします。

ごっこ遊びで音楽を楽しもう!

一見、何気なく遊んでるだけに見えてごっこ遊びは目の前にないものをイメージしながら動く、話すという高度な想像力、発想力を必要とする遊びなので、ただ楽しく遊んでるだけなのに知らず知らずのうちに表現力・言語力・社会性などを磨くことができる子どもの成長には持ってこいの遊びです。

なので、リトミックでもごっこ遊びはとてもよく取り入れます。

「流れる音楽に身を任せ、感じるままに役になりきる」

そうすることで子どもたちは音楽との一体感や表現する楽しさを自分の中に見つけるようになり、いつしか自然と深い集中状態に入っていくようになります。

そして、そうなればこっちのもの!

何度も何度も集中状態に入る経験をしておくことで、いざという時に自分の集中力をコントロールできるようになっていくのです!

初級編|変身してみよう!その1 魔法使いとロボット

子どもが大好きなモチーフを使って、思いっきりごっこ遊びを楽しみましょう。

まずは、初級編。

2歳くらいの子でも簡単に楽しめると思います。

では、初めにスカーフを用意しましょう。

こんなもの↓
色スカーフちなみに、スカーフは魔法の演出として使うだけなので、あれば雰囲気は盛り上がりますが、なくても大丈夫です。

では、今回も実際に当教室レッスンで使っている音源を動画でご用意しましたので、どうぞ↓

動画の遊び方は

  • 魔法使いの音 → スカーフを振り回して魔法をかけます「へ~んしん!」
  • ロボットの音 → ガシャン!ガシャン!手足をカクカクさせながらロボット歩き

これは、2つのごっこ遊びを交互に楽しみながら

  1. メロディの切り替わりに気付くための集中力
  2. メロディによって体の動きを変える運動神経

を養うのが目的です。

大人からすると簡単に聴き分けられる2つのメロディでも、小さな子どもには意外と難しいものです。

上手くメロディの切り替わりに気づけなくても、まずは音の流れを楽しみながら体を動かしましょう!

慣れてきたら「あれ?音が変わったね!なんの音かな?」など、声かけをしてあげるといいですね。

それを繰り返すと徐々に自分でもしっかり音を聴くようになり、もっともっとリトミックが楽しくなります!

おすすめの記事あわせて読みたい