Ranking@RAG
音楽・アーティストランキング
menusearch

子供の歌ランキング【2019】

今年流行した「子供の歌」のランキングです。

昔から聴かれ続けている伝統的な民謡や童謡に加え、新たに子どもたちをとりこにした最新曲もランクインしていますね!

今年最も多く聴かれた曲をランキング順に紹介します!

もくじ

ランキング 1位〜10位

1位|えがおのまほう

2019年春から放映されているテレビアニメ「はなかっぱ」の新オープニングテーマです。

曲を歌っている大原ゆい子とはなかっぱが一緒にダンスしていますので、テレビを見ながら一緒に踊りましょう。

曲のテンポが早いので最初はついていくのが大変ですが、振り付け自体は簡単なので一度覚えてしまえば、楽しく踊れますよ。

2位|踊るロックンモンスター

キッズ向けダンス&音楽教材Webサイト「じゃぽキッズ」の「踊るロックンモンスター」です。

こどもたちの大好きなホラー&ゴシックテイストのある歌詞とサウンドなので、大喜びで踊ってくれそうです。

演奏はサーフサウンドの歪んだギターの音色などなかなかかっこいい仕上がりになっています。

ゴーゴーダンスをモチーフにした振り付けが楽しいですね。

3位|笑一笑 〜シャオイーシャオ!

2018年に上映された「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」の主題歌ももいろクローバーZの「笑一笑 〜シャオイーシャオ!〜」です。

動画内で振り付けの覚え方を教えてくれているので、ももクロとしんちゃんと一緒に踊ってみてください。

明るくて壮大なナンバーは聴くと勇気がわいてきます。

4位|からだ☆ダンダン

「からだ☆ダンダン」は人気幼児向け番組「おかあさんといっしょ」で人気のダンスソングです。

カニになったり恐竜になったりお猿さんになったりと、いろいろな生き物の体の動きをマネしながら、全身を使って踊ります。

動きはかなりハードですので、お部屋で踊るときはたっぷりスペースをとりましょう。

お母さんも一緒に踊るとダイエットになりそうです。

5位|くだものカーニバル〜ダンスミックス

キッズ向けダンス&音楽教材Webサイト「じゃぽキッズ」の「くだものカーニバル〜ダンスミックス」です。

保育園や幼稚園で保育教材として使われることが多いので、踊ったことがあるというお子さんも多いのではないでしょうか?

振り付けは簡単で体をのびのび使って踊れます。

また果物や色を覚えることもできる知育教材としても優秀です。

6位|パプリカ

2020年に開催されるオリンピックパラリンピックの応援ソング「パプリカ」を踊ってみましょう。

米津玄師が作詞・作曲、プロデュースを手掛けて、5人組の子供ユニットFoorinがパフォーマンスを披露しています。

テンポが早いのでちょっと難しいですが、音楽に合わせて体を動かすだけで楽しい気持ちになれるダンスナンバーです。

7位|おしりフリフリ

Eテレの大人気子供番組「おかあさんといっしょ」の「おしりフリフリ」の振り付けです。

こどもたちは下ネタが異様に好き。

「おしりフリフリして〜」というときっとノリノリで踊ってくれると思いますよ。

雨の日にお出かけができなく、元気がありあまってるお子さんに見せてあげましょう。

親子で一緒に踊れば、ご機嫌になってくれるかも。

8位|ひょっこりひょうたん島

おじいちゃんおばあちゃん世代に放映されていた大人気人形劇「ひょっこりひょうたん島」の主題歌に合わせて踊りましょう。

聴くと冒険にでかけたくなるようなワクワクするナンバーです。

お子さんだけでなくすべての世代が知っているメロディーなので三世代そろって踊りたいですね。

移動が少ない振り付けなので室内の狭いスペースでもお遊戯ができます。

9位|夢をかなえてドラえもん

2008年からのテレビアニメドラえもんのオープニングソング「夢をかなえて」のメロディーに合わせて踊るこどもたちの動画です。

おなじみの人気アニメの主題歌である事、ゆったりとしたリズムのメロディーと、簡単な動作の組み合わせでできた振り付けなので、幼稚園入園前のこどもたちでもある程度踊れるそうです。

10位|しゃかりき!ソーラン・サンバ

キッズ向けダンス&音楽教材Webサイト「じゃぽキッズ」の「しゃかりき!

ソーラン・サンバ」です。

サンバのリズムの軽快なナンバーに、ソーラン節のメロディーをところどころに使用するおもしろいナンバーです。

ポンポンを持って踊るので女の子は大喜びしそうですね。

振り付けはとっても簡単ですが、ステップの組み合わせなどのおもしろみがあります。

おすすめの記事あわせて読みたい